(keywordをspace区切りで入力してください。)


夢占い 夢ココロ占い

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢って

2011/12/05 11:55


 皆さんそれぞれ、ご自身で独自の世界観をお持ちだと思います。

 私の場合、世界って他次元構造になっているのではないのかなあ?と思うのです。

 3次元の中には0次元1次元2次元も含まれます。私達の肉体である身体は3次元構造です。

 0次元1次元2次元の構造で生物が存在しているかどうかは知りませんが、3次元の構造の私達は他次元構造を認識、体験する力が無いのではないかと思います。唯一出来るとすれば、3次元構造の肉体を取り去った時の魂?霊?の世界だけではないかなあと思います。まあ、あくまでそんな世界があるとしてのお話ですが。

 一時、3次元活動を極度に押さえた場合の睡眠で見る夢、これは他次元にアクセス出来る機会なのかなあと思ったりもします。そう言う時ばかりではないとは思いますが^^;

 
スポンサーサイト

もしかして前振りだったの?

2011/11/07 12:44


 先日海の上の空高く浮かぶ隕石の夢を見ていましたが、天安河原では☆のような光が現れました。
同じ☆同士・・・あの夢は安河原での☆出現の前振りだったのでしょうか?

 私に取って「前振り」は良くある話で、でも何時も後から気付かされます^^;;
 ではこの☆は何の前振りなのでしょう??
 空から☆が落ちてくるってことは、先ずないと思うのですが・・・^^;
 きっと暫くしてまたもや「ああ、この前振りだったのだ」と気付かされるのでしょう。

 こういう事に気付き始めると次は何が起こるのかとても楽しみになります^^
 神様からのなぞなぞみたいですね^^


2012年の事

2011/11/03 20:03
私は占い師でもなんでもないのですが、毎年身近な方には、「来年の事」称してメールで送っていましたので、今年はちょっと早めですが、ブログに載せようと思います。

 重ねて言いますが、私は占い師でも何でもありませんので、そうなるとは限りません。私の感覚で書いているだけです。

 去年の終の方に「今年は情報(広域に電気、電波、マスメディア、口から出るもの、目にするもの)に注意」とお伝えしてました。それに加え、今年は今年の始めの方からうっすらと来年の気が入って来ていて、来年起こる筈の事が、今年既に起こっている事もありました。来年も引き続き世界規模で「水関係の事(洪水、豪雨、台風、津波、雷雨、プールや海の事故、海難事故、渇水、飲み水、生活用水等等、全ての水に関する事)」「地震」「竜巻」に注意が必要かもしれません。

 来年の気は「浄」。とてもダイナミックで高潔な気です。不浄、不正を嫌います。この気の恐ろしさは、不正不浄を嫌うと言っても人間のそれでは有りません。天からの神仏と言う第3の眼が有るとすれば、その不浄であり、不正、無情、無愛です。

 ある人は高くなり、ある人は低くなるでしょう。そして大切な事は、目の前に繰り広げられる事に右往左往しないで、その根源を見つめる事に有ると思います。自分に不利な事が次々と起こるかもしれません。でもそれは、低くなっているのではなく、高くなる為の途中経過(浄化)です。何故、その災いが自分のみに起こるのか、根本を探ってください。周りの人や起こる事を良く見つめ、過去と照らし合わせ、同じ事が繰り返されてないか、よく考えてみてください。そして、周囲の誰かに自分の中の一部が投影されていないか、そして自分に良く無いことが起こってないのか、良く見つめよく考えてくみてださい。

 異常にビクビクと恐れる事も有りません。無私の愛と感謝を持って、のびのびと、どんと構えていれば、大丈夫です。

 来年が本当の意味で素晴らしい年でありますように!


悟りを得た様な蜘蛛

2011/10/22 12:01
私は蜘蛛が相当苦手(怖くてたまらならい)のですが、本日は思い切ってこの方だけは大丈夫な、相部屋のハエトリ蜘蛛の写真を撮ってみました。

蜘蛛の苦手な方ご免なさい!!

何故苦手な蜘蛛をそこまでして・・・と思われる方もおいででしょうが、先日と有る光景を目撃したからです。

そのように申し上げると、凄い光景かと期待されるかもしれませんが、ただの日常の一部です^^;

私が朝、雨戸を開けていると、この写真の方(蜘蛛と書くのさえ怖い><;)とは別の方ですが、窓枠に何時もの様にちょこまかと飛び跳ねていました。

彼らにとっては、雨戸は自分の側を猛スピードで巨大物体が通り過ぎて行くのです。「危ないなー」と思いながらも、私には到底逃がす事等出来ず、そのまま雨戸を開ける作業をしていました。

丁度雨戸が彼の後ろを通過する時です、彼はさっと糸をはいて後ろへと飛び去りました。

その光景はまるで、仙人が雲間を飛び行く様か、はたまた悟りを得た僧侶の要な様で、なかなか見事な物でした。

その光景を目の当たりにし、最近思う所が有って色々考え込んでいた自分が、馬鹿らしく感じました。

この蜘蛛の様に、日常どんな事が有ってもさっと身を翻し、後は何もなかった様に淡々と生きて行く、そんな生き方が出来たら良いなあと思いました。

なかなか難しいですけどね~^^;


跳び蜘蛛君



 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。